トップページ | 2010年4月 »

2010/01/25

大和ミュージアム(呉市)

このエントリは、ブログ開設前に行った旅のことを思い出しながら書いています。

行ってきたのは2010年1月25日。呉市の大和ミュージアムです。場所はここ。


大きな地図で見る

広島駅から呉線で呉へ。呉駅からは歩いてすぐです。


Kure_001まずは腹ごしらえ。YouMeタウンのフードコートで「ししかつ丼」をいただきました。


Kure_002大和ミュージアム入り口。大和の碇(いかり)、主砲の砲身、スクリューを実物大で再現したオブジェが並んでいます。これだけで戦艦大和の巨大さを感じることができますね。
後ろに見える巨大な潜水艦型の建物は、海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」です。さすが呉。

Kure_003館内に入るとまずはあの有名な戦艦大和の1/10模型がお出迎えです。
このとき前方からだと逆光になってしまうので後方から撮影しました。

Kure_004よ~く見ると、小さな人形がいます。全体で何人かいるみたいです。
これで人の大きさとの比較で艦の大きさが実感できるというわけですね。

Kure_005展示品にはいろいろ興味深いものがたくさんありました。これは大和の設計図の一部です。

Kure_006これは潜水調査で明らかになった、沖縄沖に沈んでいる大和の海底での現在の姿を再現した模型です。

Kure_007上の階から見下ろしで1/10模型を撮影。甲板の木材は実際の大和に使われたものと同じ素材を使っているそうです。

Kure_008まさかとは思ったのですが、ちゃんと宇宙戦艦ヤマトのコーナーもありました(笑)。ヤマトの模型です。

Kure_009館内の見学を終えて外へ。別のビルに映画「男たちの大和」のロケセットが展示されているというので見に行きました。
こうやって実物大で見ると、スケールの大きさがよくわかりますね。

展示は主に呉の軍港としての歴史をたどる内容ですが、決して戦争賛美的なものではなく、神風特攻や人間魚雷回天で散った若い命が残した遺書や遺品などの展示もあり、改めて二度と戦争はしてはいけないという思いを強くします。他にも船や港に関する一般的な展示品も数多くあり、学生さんの知識・教養のためにもよい施設だなと思いました。

トップページ | 2010年4月 »